スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

【本】リーアンダー ケイニー 「スティーブ・ジョブズの流儀」感想、レビュー



評価:4点

ジョブズの生い立ち、やってきた仕事について書かれた本。

「スティーブ・ジョブズ名語録」とかぶっている部分があるが、こちらのほうがより詳しく書いてある。
個人的には「スティーブ・ジョブズ名語録」のほうが気軽に読めて好きだが、時間にある人はこちらを読んだほうがよりためになるだろう。

英語を翻訳したものだが、それほど違和感なく読めた。
iPhoneが発売されてまもなくのころに書かれた本なので少し話しが古いところがあった。

ジョブズの仕事のやり方は一般人には参考にならんなって思った。
ジョブズの才能、カリスマ性があってこそ成り立つんだろうな。。。

スポンサーサイト


| コメント:(0) | トラックバック:(0)2011/08/05(金)18:07

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。