スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

【本】辻野晃一郎「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」感想、レビュー



評価:7点

ソニーで22年、グーグルで3年勤め、グーグルでは日本法人社長を務めた辻野晃一郎氏の実際の体験を書いたビジネス本。
これから日本の企業がどのように海外の企業に対抗していけばいいのかヒントとなる本だと思います。

落ちぶれたソニーの話が面白かった。
ウォークマンのイヤホンの色をなぜ白にしないのかと言われたとか。。。

逆にグーグルの話はほとんどなく物足りなかった。

いろいろとためになるので、日本のビジネスマンには読んでもらいたい本ですね。

スポンサーサイト


| コメント:(0) | トラックバック:(0)2011/10/22(土)06:54

【本】堀江貴文「お金はいつも正しい」感想、レビュー



評価:6点

お金とのよい付き合いかたが書かれた本。
ホリエモンの豊富な知識と経験から論ぜられるお金の話には説得力がある。
お金に縛られない生き方をしてみたいものだね。

章の途中に入る漫画も面白かった。
「ちょっと仕事の関係で2年ほど遠くへ行かなきゃいけない」ってあなた(笑)

3時間ほどで読めるしオススメの本です。


| コメント:(0) | トラックバック:(0)2011/09/21(水)23:22

【小説】池井戸 潤「下町ロケット」感想、レビュー



評価:6点

第145回(2011年上半期)直木三十五賞受賞作品。
中小企業の町工場が大企業を相手にロケットの一部品の供給を目指すというお話。

ロケットが題材ではあるが、核心は企業の経営、特許、経営者の想いなどを描いたビジネス小説。
そういった部分で、経営に関してためになることは多いと思う。

不満点としては、会社がひとつになるという重要な場面での過程に説得力がなかったこと。
結局、社長の夢は若手社員には共有されなかったわけでしょ?

映画化されるとは思うけど、後半盛り上がりにかけていたのでどうするかなって。。。
個人的には宇宙が嫌いなので、前半の特許裁判編のほうが面白く読めた。
こっちも最後はあっけなく終わちゃったけど。。。。

文章はとても読みやすく、サラッと読み切りました。
オススメの小説です。


| コメント:(0) | トラックバック:(0)2011/09/10(土)22:43

【小説】東川 篤哉「殺意は必ず三度ある」感想、レビュー



3点

淡々と話が進み、スピード感はない。
著者の才能が開花する前だな。。。

謎解きはディナーのあとでの続編には期待しています。

テーマ:読んだ本。│ジャンル:本・雑誌
| コメント:(0) | トラックバック:(0)2011/08/28(日)18:49

【本】本田 健「20代にしておきたい17のこと」紹介、レビュー


評価:6点

「30代にしておきたい17のこと」がよかったので、20代のものも読んでみた。(実はまだ二十代だしね。。。)

自分は二十代後半戦を迎えているが、この著書に書かれていることはまだまだほとんどできていないなぁって感想です。
著者の実体験が元になっているのでそのまま適用できるかっていうと難しいと思った。
たしかにこれだけのことが出来れば良い人生が送れると思うけども。。。

まあ、価格も安く2時間くらいでさらっと読める内容なので、オススメの一冊です。
この著者の本は簡潔に言いたいことが書かれているのですごく読みやすいです。









| コメント:(2) | トラックバック:(0)2011/08/09(火)18:02

«  | ホーム |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。